J2第3節:V・ファーレン長崎×清水エスパルス:今後に期待が持てる1勝

vvaren-vivitowel.jpgJ2。V・ファーレン長崎のホームゲームをDAZN観戦。青のユニフォーム長崎、オレンジのユニフォーム清水っていう実況を聞いて、青とオレンジじゃん、俺たち俺たち長崎!ってなった。清水は昨シーズンもJ2にいたのに、気付いてなかった。


快勝、快勝。得点もたくさん入ったけど、球際をだいぶ勝てたり、パスがスムーズにつながったり、体張って守ったり、心地よい内容だった。
2得点に絡んだ増山の躍動感もたまんなかったし、1点返されたあたりで相手のペースになったんだけどどうにか1点で持ちこたえて、セットプレーから3点目をもぎ取れたのが良かった。エジガルの距離のあるヘディングシュート、よくねじ込んだね。ルヴァンカップでも好調なところを見せて、フアンマをベンチに温存してのスタメン起用に応えてくれた。

もう1人、ルヴァンカップで出色の出来だったマテウスは、120分やった後でもスタメンに名を連ねて90分フル出場。自分の得点こそなかったものの、終盤の4点目はゴールキックを懐深く収めて確実にさばいたプレーが起点になった。疲れててもきっちりやれる技術を持ってるのね。ゴールしたマルコスとともに、フアンマ以外に起点や得点源の分散、ていうかこの試合のようにフアンマ温存でも攻撃力が落ちないのが今シーズンやりたいこと。両翼と2列目の活躍が不可欠。

まだ1つ勝っただけだけど、今後に期待が持てる1勝だった。

この記事へのコメント

人気記事(昨日)

人気記事(先週)

過去ログ