女子ワールドカップ:日本×コスタリカ:選手入れ替えながら盤石の勝利で良い感じ

女子ワールドカップ。日本代表の2試合目は日本時間で水曜日の昼。NHKでやってくれてる中継を録画しといて、でもぼくは仕事が忙しすぎたので、当日夜に前半、翌日夜に後半を観戦。さすがに情報遮断ができなかったけど、きっちり勝利を見届けた。


初戦に続いてほぼ圧倒。盤石。願わくば、たくさんあった得点チャンスをもっとモノにしておきたかったけど、結果的に得失点差関係なくグループステージ突破を決められたからまあいいか。

スタメン4人入れ替えて、初戦に出番がなかった選手も使って、良い感じ。
2点目で角度ないところからニアぶち抜いた藤野あおばは19歳なんだね。若い力。もう1人の19歳、浜野まいかが、ぼくがたまたま観た2021年のWEリーグ開幕戦で当時17歳ながら2得点で名前を憶えてるんだけど、まだ出番なし。ややケガ気味って言ってたかな。じゃあ回復して出番をあげられるように、勝ち進もう。

解説は初戦の安藤梢に続いて現役選手の川澄奈穂美。かわいいから2011年のワールドカップ優勝の時に人気になった選手だけど、フレンドリー解説でまた人気が上がりそうだ。ていうか髪の毛どうした、ショートでピンク。おもしろいなぁ。23-24シーズンからアルビレックス新潟レディースね。


関連記事
(2021年09月15日)WEリーグ開幕!INAC神戸レオネッサ×大宮アルディージャVENTUS
(2011年07月18日)日本代表がワールドカップ優勝! すごいよ! やったね!

この記事へのコメント

人気記事(昨日)

人気記事(先週)

過去ログ