「リトルマーメイド」の実写映画の広告でセバスチャン

「リトルマーメイド」の実写映画が6月9日に公開されたんだけど、その週の井の頭線渋谷駅では、派手に広告が出ていた。
柱の映像広告は、テレビCMより長いバージョンが2種類。個別の媒体にあわせてつくるのかな。ある程度は標準的なレギュレーションがあるのかな。
lm002-IMG_7766.jpg
lm003-IMG_7785.jpg
lm001-IMG_7787.jpg

そしてこれか。セバスチャン。実写になったらものすごいカニ感ってやつ。ん、カニ感? カニ缶?
lm005-IMG_E7790.jpg
lm004-IMG_7764.jpg

まあ、実写といいつつセバスチャンはCGなわけで、アニメに寄せる選択もできる中でのコレだから、そういう演出なんだよね。

そしてうちにいるセバスチャンは、これ。
2016年7月の話なんだけど、ディズニーシーに連れて行ったときに、SSコロンビア号のレストランでテーブルに置いてたら、給仕してくれたおねえさんがセバスチャンの前にナイフとフォークを置いてくれたのはとても秀逸だった。
DSCF5358.JPG

さて、こうなるとセバスチャンを確かめるために映画を観たくなってくるな。6歳の娘も「リトルマーメイド」がすきで、テレビを録画したアニメ版をちょいちょい観てるし。でも上映時間が135分なんだよな。2時間超えは娘が耐えきれるかどうか。アニメ版の87分ってのが絶妙にちょうどいいんだよな。

関連記事
(2017年12月11日)妊婦と東京ディズニーシー(2016年7月の話)

この記事へのコメント

人気記事(昨日)

人気記事(先週)

過去ログ