U-20ワールドカップ:日本×イスラエル:終盤まさかの連続失点で敗戦

U-20ワールドカップ。俺たちのFC東京から松木玖生熊田直紀、下部組織出身の大学生で彼島優、そしてV・ファーレン長崎から安部大晴が、アルゼンチンに行ってるよ。
グループリーグは3試合とも朝6:00キックオフってことで、日曜の3試合目をようやくテレビ観戦。BSフジのサブチャンネル。インドネシア開催だったら何時だったのかな。


前半からチャンス多めながら仕留められてなかったんだけど、ハーフタイム直前でセットプレーの流れから先制できて一安心。そこからも危なげなく進めて相手に退場者も出て、まあ大丈夫かな、なんて思ったらセットプレーから失点して、おろろ、アディショナルタイムにまたセットプレーからやられちまった。どっちも一度は跳ね返してたんだけどな。ああ、日本の先制点もそれは同じか。

ぐはあ、なんというか、セットプレーってこういうことなのね。直接ズドンだけじゃなくて、セカンドボール、球際。決勝点の場面は足が止まっちゃってたね。一瞬のスキ。それが勝敗を分ける。セットプレーを与えない、まで求められてくるのかな。

メンバーたちがクラブに早く帰ってくるのはいいんだけど、悔しい、重い。

この記事へのコメント

人気記事(昨日)

人気記事(先週)

過去ログ