サッカー観戦後の温泉立ち寄り再開:稲城天然温泉季乃彩

10月8日、味の素スタジアムで俺たちのFC東京のホームゲームを観戦した後、稲城天然温泉季乃彩でお風呂入って晩ごはん食べて帰ってきた。
このパターンは5月以来。夏の時期は試合が夜だからできなくて、10月になって昼の試合になって再開。

DSCF8096.JPG

うちの6歳女子はだいたいぼくと一緒に男湯に入るんだけど、今回は家族3人+友達1人(大人女子)で行ったから女湯を選択。ものすごくひさしぶりにぼくは男湯に1人で入った。娘と一緒のときは敬遠している、やや熱めの「源泉かけ流し露天風呂」と、「草蒸風呂」つまりスチームサウナを中心にやってみたよ。リラックス、リラックス。

まあとにかく、サッカー観戦→温泉のパターンは至福ということだ。
そして今回の15時試合開始だと普段20時就寝の娘は最後電池切れするので、14時開始がベスト。お、11月5日の今シーズン最終戦は14時開始だね。

関連記事
(2022年10月08日)FC東京×湘南ベルマーレ:声出し応援適用試合で試合後にブーイングが鳴り響く
(2022年06月02日)サッカー観戦後の温泉立ち寄り100パーセント継続で一旦打ち止め
(2022年05月11日)サッカー観戦後の温泉立ち寄り100パーセント継続中
(2022年04月20日)サッカー観戦後の温泉立ち寄り100パーセント
(2022年03月27日)今シーズンも味の素スタジアム→稲城天然温泉 季乃彩の王道パターン
(2022年03月01日)ニッパツ三ツ沢球技場からの帰りに天然温泉 満天の湯に立ち寄り

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事(昨日)

人気記事(先週)

過去ログ